会則

日本手術看護学会東北地区会則

第1章  総則

第1条
本会は日本手術看護学会東北地区と称する。
第2条
本会は,手術室(部)に勤務する看護師・准看護師および手術看護に関連する業務や教育に携わる看護師・准看護師で,所定の入会手続きを経た会員で構成する。
第3条
本会は主たる事務所を会長の所属する施設に置く。

第2章  目的ならびに運営

第4条
この会は、会員相互の親睦を図り、教育・研修を行い、看護の質の向上を図ることを目的とする。
第5条
この会は、前条の目的を達成するために選出された役員によって運営する。

第3章  役員

第6条
この会は次の役員を置く。
会長 1名  副会長 2名  書記 2名  会計 2名  企画 若干名  会計監査 2名   手術看護認定看護師 1名
第7条
会長,副会長,書記,会計,企画,会見監査は会員の中から選出する。
第8条
役員の任務は次の通りとする。
  1. 会長は、この会を代表し会務を統轄する。
  2. 副会長は、会長を補佐し,会長に事故ある時は、その職務を代行する。
  3. 書記は、会の庶務を担当する。
  4. 会計は、会の会計を担当する。
  5. 企画は会の企画を担当する。
  6. 会計監査は、経理の監査を担当する。
第9条
役員の任期は次の通りとする。
  1. 役員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。
  2. 役員に欠員が生じた時は、会長は役員会に諮り、補充し、その任期は前者の残存期間とする。

第4章  役員会

第10条
この会は、会長が招集し、その議長は会長が指名する。
第11条
役員会に諮る事項は次の通りとする。
  1. 会則の変更
  2. 決算
  3. 企画その他必要と認める事項

第5章  評議員

第12条
日本手術看護学会評議員会のための評議員を選出する。
第13条
地区選出の評議員は、役員会において、会長をのぞいた役員の中から選出する。

第6章  会計

第14条
この会に必要な経費は、会費および展示等の収益をもって充てるものとする。
第15条
会費は、次の通りとする。
年間 8,000円 (本部会費5,500円 地区会費2,500円)
第16条
本会を脱退したものの納金は返還しない。
第17条
本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

附則

この会則は昭和63年7月27日より実施する。
この会則は平成6年5月14日より実施する。
この会則は平成10年5月10日より実施する。
この会則は平成17年5月21日より実施する。
この会則は平成18年5月27日より実施する。
この会則は平成26年5月31日より実施する。
この会則は平成30年6月9日より実施する。



ページトップ