東北地区学会

第40回日本手術看護学会東北地区学会発表演題(抄録)募集のお知らせ

第40回日本手術看護学会東北地区学会を以下のように開催いたします。

開催日:2019年6月8日(土)
会 場:仙台市中小企業活性化センター 多目的ホール、展示スペース
    仙台市青葉区中央1-3-1 AER(アエル)5階

研究発表演題(口演)を下記の要領により募集いたします。
演題申込締切日:2019年4月5日(金)厳守

演題応募資格について

  1. 演題応募するものは日本手術看護学会会員に限る。
  2. 演題は他の学術雑誌、学会等にて未発表のものに限る。
  3. 演題は手術看護領域に関連したものであること。

演題募集期間について

  1. 募集期間:平成31年2月4日(月)~ 4月5日(金)まで
  2. 応募方法:規定の様式に添っていることを確認し、日本手術看護学会東北地区WEBサイトから応募を行う。
  3. 演題選定:応募された演題は手術看護学会東北地区役員会にて選考を行う。選考終了後に各応募者に連絡を行う。
  4. 提出された原稿は採否に関わらず返却はしない。
    選考後に抄録の修正、再提出を求める場合がある。
  5. 発表の取り消し、発表者の変更・氏名の変更等については手術看護学会東北地区の担当者に連絡する。

発表形式について

  1. 口演発表時間は採択時後に連絡する。

原稿様式について(フォーマット・チェックリスト参照)

  1. 原稿は原則Windows Wordで作成する。
  2. 原稿サイズはA4横書き・2段組、20文字・40行・余白20mmの設定で作成する。(1400~1600文字)
  3. 書体はMS明朝、外国語は半角とする。
  4. フォントは表題12ポイント、サブタイトル11ポイント、○発表者・共同研究者・所属名・本文は9ポイントとする。
  5. 外国語は片仮名記入で行う、外国人の記名や学術用語は活字体の原綴りで表記する。
  6. 倫理的配慮:公益社団法人日本看護協会HP内、「倫理的配慮とその記述に関する留意点」を参照し記載すること。
  7. 文献は本文中に著者名の後に発行年次を括弧書きし、著者名をアルファベット順に列記する。
  8. 文献は下記の形式で記載する。
    「記載例」:宮城 太郎(1999)手術看護の確立に向けた取り組み 
    10(5)、15~20
    「雑誌の場合」:著者名(発行年次)表題:雑誌名、巻(号)、頁、
    「単行本の場合」:著者名(発行年次)書名、版数、頁、出版社、発行地、
    「電子文献の場合」:通常の書誌情報
  9. 講評について:演題発表に対し、外部講師による講評を行います。看護研究のスキルアップのために参加者で共有する機会とします。
  10. その他

原稿様式(フォーマット)

 演題(抄録)フォーマット(Wardファイル)
※演題(抄録)データを一旦パソコンに保存し、入力・保存してからご利用下さい。

利益相反(COI)の有無・開示について

  • 利益相反(COI)の有無について発表の中で開示する。
    例)演題発表の内容に関連し、発表者らに開示すべきCOI関係にある企業・団体名はありません。
  • 利益相反(COI)がある場合は、企業名・団体名の開示、提供された内容(研究費・助成金・原稿料・講演料・旅費・贈答品など)を開示する。

演題申し込み

問い合わせ先

  • 〒989-3126
    宮城県仙台市青葉区落合4丁目3-17
    TEL:022-391-5111(代表)
    宮城県立こども病院 井上達嘉

ページトップ